SAP プロセスインテグレーション (PI)

SAPプロセス・インテグレーション(PI)は、従来に交換基礎アーキテクチャ(SAP XI)と称され、SAP企業応用インテグレーション・ソフトウェアであり、NetWeaver製品中で会社内部ソフトウェアシステムとアウタシステムとの情報コミュニケーションに用いるモジュールです。、他のNetWeaverのモジュールと同じように、SAP PIは他の会社のソフトウェア製品と互換できます。

SAPがPIを「インテグレーション代理」と称し、これは連通性、フォーマットと協議により、それぞれ違うニーズの各方を調停できからです。SAP PIの核心モジュールはSAPインテグレーション・サーバーであり、内外ネットのコンピュータシステムの違うオペレーションシステムと応用間のインタラクティブが便利になりました。

SAP交換基礎アーキテクチャ(XI)の最も古いバージョンはXI2.0です。それから、XI3.0とXI7.0を発行しました。XI7.0の後、SAP交換基礎アーキテクチャ(XI)が本格的にSAPプロセスインテグレーション(PI)と改名した。

我々のPI実施チームはグローバル範囲内のPI/XIプロジェクト実施中で豊かな経験を積んで、PIの最も新しいバージョン機能もよく知ります。我々のPIコンサルタントの技能は、PI情報流に対する理解、大量なデータPI実施、Idoc-XML構造とフォーマットレス・ファイルの互換、インテグレーション対象バンクを利用しなくても、PIを通してデータ転送を実現する等を含む。SAPと非SAPシステムを含む多種なシステムのインテグレーションプロジェクトを実施させることができます。

More